ホームに戻る

Q&A(よくある質問など)

No質 問回 答
1 調査票番号、パスワードはどこに記載されているか。 お送りした紙の調査票右上に貼ってあるラベルの下部に、調査票番号、パスワードの順に記載しています。
2 調査対象サービスの活動実績がないのだが。 調査票1ページの活動状況の質問で「2」を選んでいただき、調査票をご返送ください。
3 調査票のラベル記載内容の事業所名に間違いがある。 調査票の該当欄に訂正を記入し、訂正後の事業所についてご回答ください。
4 この調査は協力しなければならないものか。 調査については任意の調査としておりますので、回答を強制するものではありません。ただ、障害福祉サービスの今後の検討にあたって重要な調査となるものですので、できるだけご協力をいただけますと幸いです。
5 調査票ファイルの送信ができない。 ファイルのアップロードができない場合、ネットワーク環境の関係など、いろいろな要因が考えられますので、原因特定の難しいことがあります。ファイル送信できない場合、問い合わせ用メールにファイルを添付してお送りいただく方法も受け付けています。また、ファイルを印刷して郵送いただく方法も可能です。
6 調査票ファイルのダウンロードができない。ダウンロードしたファイルが壊れている。 ファイルのダウンロードにつきましては、ファイルのチェックおよびテストを行ったうえで設置しておりますが、ネットワークの状況等により、ダウンロードができない、ダウンロードしたファイルが破損しているといった現象の起きることがあります。何度か試みてもうまくいかない場合は、事務局にご連絡いただければ、別の方法でファイルをお送りします。
7 どの調査票ファイルを使えばいいのかわからない。 お送りした紙の調査票右上に貼ってあるラベルに印字されている調査票番号の先頭数字が調査の種類を表していますので、画面の指示に従って該当する調査票ファイルをダウンロードしてください。
8 1法人の複数事業所で同じサービスを実施しているが、回答は法人単位か、事業所単位か。 事業所・サービス単位で調査を行っていますので、複数事業所で同じサービスを実施している場合でも、法人単位でまとめずに、調査票をお送りした事業所の単位でのご回答をお願いします。
9 事業所では障害福祉のサービスはやっていない。 調査は障害福祉サービス登録事業所を対象にしていますが、障害福祉サービスの提供実績のない事業所は対象外となります。調査票の1ページ目、問1のみを回答いただき、そのまま調査票をご返送ください。
10 紙の調査票と調査票ファイルの両方に回答しなければならないか。 いずれかに回答いただければ結構です。なお、できるだけ調査票ファイルでのオンライン回答をお願いします。
11 ダウンロードした調査票ファイルが読み込めない。 調査票ファイルはMS-Excelのファイルとして作成していますが、古いバージョンでは読み込めないことがあります。Excel2007以降のバージョンがインストールされているパソコンで使用してください。なお、ファイルのアップロードにあたっては、Excelの旧型式ファイル(拡張子xls)や、オープンオフィスなどMS-Office互換ソフトで作成したファイルは受付できないことがありますのでご注意ください。
12 回答した調査票ファイルを提出したが、回答内容に訂正があり、再提出したい。 訂正した調査票ファイルを再度アップロードしてください。自動的に新しいファイルに上書きされますので、特に再提出した旨をご連絡いただく必要はありません。なお、郵送で提出した調査票を訂正・再提出される場合は、事務局までご連絡ください。
13 同じ法人が運営している、他県にある事業所宛の調査票が届いたが、送付先の間違いではないか。 調査票は法人本部での回答を想定し、事業所の所在地に関わらず法人本部の住所にお送りしています。事業所で回答をされる場合は、お手数をおかけして恐縮ですが、法人内で調査票の転送等を行い、適切な担当者に回答いただけるように手配をお願いします。
No質 問回 答
1 【就労系】多機能型だが、どのサービスについて回答するのか。 調査票1ページのラベルに記載のサービスについてご回答ください。他のサービスについては回答不要です。
2 【就労系】職員数については、兼務者も1人とカウントするのか。 職員数についてはサービスで按分する必要はありません。わずかでも対象サービスに関わっていれば、1人とカウントしてください。
3 【就労系】賃金と工賃は、就労継続A型は「賃金」、それ以外は「工賃」でよいか。 お見込の通りです。
4 【就労系】職員総数については、事務員なども含めるのか。 対象サービスに関わる全職員数を回答してください。
5 【障害児】放課後等デイサービスで複数の教室があるが、合計を回答するのか。 カリキュラムが異なる複数の教室がある場合は、最も利用者の多い教室の状況のみを回答してください。
6 【障害児】対象サービスが児童発達支援と放課後等デイサービスになっているが、両方のサービスについて回答するのか。 児童発達支援と放課後等デイサービスのそれぞれについて聞く設問がありますが、両方について回答をお願いします。
7 【障害児】対象サービスが児童発達支援と放課後等デイサービスになっているが、児童発達支援は廃止した。 実施している放課後等デイサービスのみについて回答してください。
8 【生活介護】調査対象となる職員が10人未満だが、全員が対象となるのか。 全員を対象としてお願いします。
9 【生活介護】調査対象となる職員の選び方がわからない。 記入要領に無作為抽出方法の例示をしていますので、ご参照ください。調査票ファイルには抽出用の計算シートも添付していますので、ダウンロードしてご利用ください。
10 【生活介護】調査対象となる職員の選び方は、記入要領に記載の方法でなければならないのか。 無作為抽出であれば、どのような方法を用いていただいても構いません。
11 【生活介護】タイムスタディ票の記入方法がわからない場合、個々の職員から問い合わせてもよいか。 事務局まで個々にお問い合わせください。
12 【生活介護】調査対象となる職員は10人を超えてもよいか。 10人としてください。
13 【相談支援】障害児について、サービス等利用計画と障害児支援利用計画を作成している場合はそれぞれに計上してよいか。 お見込の通りです。
14 【相談支援】相談支援専門員で、基幹相談支援センター等の業務のみで計画相談をしていない者も、「相談支援専門員票」を回答する必要はあるか。 相談支援専門員票の対象は、計画作成件数が1件以上ある人です。計画作成をしていない人は回答不要です。
15 【相談支援】直近の計画作成が同月のモニタリングと更新計画作成の場合、サービス利用支援と継続サービス利用支援が同じ対象になるが、構わないか。 同じでも構いません。